美白クリーム選びとスキンケアのポイント

30代以降の女性はシミがポツポツと目立ち始めたとお悩みの方も多いはずです。

気になるシミ対策はスキンケアで美白クリームを取り入れるのが一番です。

どんな美白クリーム選べばいいのか、スキンケアのポイントなどを紹介しましょう。

シミ対策に最適な美白クリーム

シミができてしまうのはメラニンが必要以上に分泌されていて、肌にメラニンが残ってしまったからです。

大元の原因は肌内のメラニンですから、これを作らせないようにするのが重要なんですね。

美白クリームにはメラニンを抑えてくれて、シミを予防する効果がありますから、ずっと長く使っているうちにシミが徐々に薄くなってくれます。

クリームだと有効成分の持続時間が長くて、直接シミの部分だけに塗り込みやすいんです。

全顔に使えるタイプと、スポッツタイプでシミの部分だけに使う両方がありますから、自分に合ったものをスキンケアに取り入れるのが効果的です。

有効な美白成分が入ったものを選ぼう

美白成分にも色んな種類があるんですが、厚生労働省で美白効果があると認められているものがおすすめです。

ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタ、トラネキサム酸など全部で15種類以上はあります。

普通の美白成分よりも、これらの方がシミを予防する効果に期待できるんです。

成分表を見てもどれが有効な成分かはわかりにくいですよね。

そこで、パッケージに注目してみましょう。

薬用とか医薬部外品と書かれてある美白化粧品は、認可された美白成分がほぼ入っています。

パッケージに目立つように書かれていますから、これを目安に選ぶといいですね。

美白スキンケアでも保湿は重要

美白ばっかりに気を取られてしまって、ベーシックな保湿ができていないと、シミも悪化してしまうんです。

保湿が充分じゃないと肌が乾燥してしまって、バリア機能が弱くなってしまうんですね。

外部の刺激から肌を守るはずのバリア機能が弱くなってしまうと、紫外線が易々と肌に入り込んでしまいます。

今あるシミが濃くなったり、新しいシミが増えたりしてしまいます。

基本の保湿ができていてこそ、美白スキンケアがしっかり働くんです。

美白成分の浸透もよくなりますから、しっかりメラニンに届いてくれてパワーが発揮されやすくなります。

美白スキンケアは時間がかかるもの

シミを薄くしたいなら、気長に構えてコツコツ美白スキンケアをするのが大事なんです。

1ヶ月や2ヶ月程度では頑固なシミは薄くなってくれませんから、1年とか2年などの長期スパンで美白していかないといけません。

だからこそ、自分の肌に合った有効な美白成分が入った美白クリームを選んで、長く使っていくのが大事です。

※人気のオールインワンゲルのランキングはこちら → allinonegel-report.jp

サイトマップ